ジパング その1

ジパング その1の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



漫画:ジパングかわぐちかいじ著、講談社刊)を読んだ。

近未来、海上自衛隊イージス艦みらい』は航海中の雷雨に遭い、1942年の太平洋へタイムスリップする・・・。

何となく、よくありそうな出だしの物語だ。
しかし、現代に生きる日本人としてこの作品を読む時、単なるエンターテインメントの読み物として以上に考えることがあるのは、必然であると思う。


歴史認識そのものについて本稿にて語るつもりはないが、人が生き、国家が生まれ続き消えてゆくこと、その歩みと流れが歴史となって行くことを思えば、歴史を考えることは自らの存在を考えることに通じるとも思う。

また、歴史を綴る、もしくは後世に伝えることができるのは、生き残り後の世の主流となれた者だけである…つまりは歴史とは勝者が綴るものであるから、その立場にない者が与えられた歴史を『自らの立場で』『自らの主導権を持って』理解したいと思うことは必然の流れだ。
特に先の大戦を周知の結果で終えた日本人にとっては、ある種タブーではあるが、そこに思いを巡らす誘惑には抗えないものでもあろう。


このジパングという作品も、当然連載マンガとしての娯楽性も求められただろうとは言え、多少なりともそのような誘惑によって生まれた作品ではなかったのではないか。

大戦において、圧倒的な物量をもって日本を打ち負かしたアメリカに対して、逆に圧倒的な力を持って制覇するという姿によって溜飲を下げるという気持ちも良くわかる。

しかし、この作品では作中の主要な登場人物を自衛官という設定にすることにより、『現代の日本人』を現憲法の下に立ち、善悪と…信念によって例え自らが危険に晒されようとも武力を持ってこれを解決しない姿勢を貫くという制約を課した。

この制約は前述のある種復讐的な見方による逆転の世界史を期待する読者には歯がゆいものであるかもしれない。


ジパング 31 (31) (モーニングKC)
ジパング 31 (31)
著:かわぐち かいじ


ジパング 30 (30) (モーニングKC)
ジパング 30 (30)
著:かわぐち かいじ


沈黙の艦隊 (16) (講談社漫画文庫)
沈黙の艦隊 (16)
著:かわぐち かいじ


沈黙の艦隊 (15) (講談社漫画文庫)
沈黙の艦隊 (15)
著:かわぐち かいじ



にほんブログ村 本ブログへブログランキングへ参加しています
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 







FC2 Blog Ranking
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。