それでもボクはやってない

それでもボクはやってないの情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



それでもボクはやってない

周防正行監督の社会派ストーリーの映画。
本作のような所謂社会派と言われる作品は、映画そのものの出来と映画のテーマに関する感想とが混ざった評論が多くなる。

本作で言えば、出演者の演技が良いとか悪いとか、演出やカメラワークが良いとか悪いとかいうことと、日本の司法制度の在り方についての意見が混ざり合ってしまうというようなことだ。

しかし、こと社会派に分類される映画の存在意義を考えるならば、それは『作者(監督)の考える社会における問題点を大衆に周知する』ことであり、映画そのものの評価はどうあれ大衆の議論の俎上に乗せることに成功したのであれば、映画としての目的は達しているのかもしれない。
(勿論、プロパガンダに使われることの懸念は常に考えなければならないけれども)

テーマは痴漢冤罪事件を例とした、現代日本の警察、検察と司法の不条理である。

映画そのものの描き方は非常に淡々と事件の発生から一審裁判が終了するまでを綴っている。

登場人物の心情をあまり直接的に表現しないのは、ただ事実を伝えているという感覚を視聴者に持たせたかったのだろう。
内容については、見る人によって思うところは大きく違うはずだ。

男性か女性か、行政や司法に近いか遠いかなど、こういった問題については立場によって大きなバイアスが掛かると思う。(当然犯罪の被害に遭われた方々も感じるところは違うはずだ)

つまり、『自分の立場を脅かすもの』が悪であるという言わば本能に従うものだ。
そのような場合に陥りがちなのは、根本的な問題よりも自分に直接的に関わると思われる事柄についてのみ考えてしまうことだ。

例えば、
冤罪は悪い
冤罪を起こすのは行政や司法だ
よって行政や司法、つまり警察や検察や司法が悪い
というような判断だ。

何故冤罪は起こるのか?
冤罪が起こる裏には数多くの捕まっていない犯罪者もいるのだ。

犯罪者が最も悪いのは当たり前過ぎることであるし、被害者がいるからといって更に冤罪の被害者を作ることは許されることではない。

この世に人の作った法というものができて以来の命題なのかもしれないが、不完全で利己的な『人間』というものが、同じ人間を裁くことの限界を感じてしまうところではある。

重要な事で、多くの人に見てもらいたいものであるが、これは少なくともエンターテイメントではない。

昨今、日本においても人権について考えざるを得ない事件や報道が増えているが、こういった問題は例えただ一つの答えが出ないものだとしても考え続けなければならない、人間社会が背負った宿命だと思う。


それでもボクはやってない(了)


それでもボクはやってない スタンダード・エディション
それでもボクはやってない スタンダード・エディション
監督:周防正行


それでもボクはやってない スペシャル・エディション(2枚組)
それでもボクはやってない スペシャル・エディション(2枚組)
監督:周防正行


それでもボクはやってない―日本の刑事裁判、まだまだ疑問あり!
それでもボクはやってない―日本の刑事裁判、まだまだ疑問あり!
著:周防 正行



人気blogランキングへ←よろしければ、ポチっとお願いします
にほんブログ村 本ブログへブログランキングへ参加しています
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 







FC2 Blog Ranking
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。